ポラリスの独り言

奈良でデザインやライティングなどクリエイター活動をしている「ポラリスクリエイションズ」が徒然なるままに文を綴ります。

「ならしかたなし」を読みました

 

f:id:polaris-cre:20180823132805j:plain

www.hanayume.com

 

 

雪野下ろせさんの漫画「ならしかたなし」を読みました。

 

本屋さんで別の漫画を物色中の所、漫画棚の一番目立つ場所に幅いっぱいきかせていましたので、勢いで買って読んでみました。

日は浅いとはいえども、私も奈良県民…さて、奈良はどう描かれているのかと半分期待、半分ドキドキで拝見しました。

 

ザクッとしたあらすじになりますが、大仏様の顔(と色)をした、シャイで控えめだけど笑顔がステキな女子高生の「しゃな子」を中心とするコメディです。(…とは言っても、達観されたあの顔ですので、表情を察するのが難しく、そこがまた面白いです、汗)

そんなしゃな子に様々なアドバイスやツッコミを行うのが、クールで物知りな鹿の「鹿男」。

他にも、しゃな子が通う高校のイケメン男子高生のアルカイックスマイル王子こと「三六九(みろく)先輩」(顔も色も弥勒像の生き写しです、笑)など、奈良っぽい登場人物がシュールに登場していきます。

基本はしゃな子と鹿男が織り成すコントみたいなノリで話が続きます。

 

しゃな子がかなりの天然なのと、鹿男のしゃな子に対する熱い想いが、一話ごとに胸を何だかほっこりさせてくれます。

そんなゆるいテンポ感の中ですが、鋭く刺さる鹿男のツッコミがいぃ味を出しています。

また、近鉄電車や海なし県、陀羅尼助(奈良に古くからある漢方)などと、ふわりと奈良ネタを入れてくるので、細かい部分も見逃せない感じです。

 

個人的私観ですが、奈良の言葉は関西の中でもまったりとした感じが強いと思います。

丸みを帯びた言い方と、程よい低スピード感とでもいいましょうか。

基本的にそんな緩急のある漫画ではありませんが、じっくりゆっくり読むと奈良の良さがわかってもらえるのかな…と。

 

最近出たばかりなので、このまったり緩やかなテイストでどこまで奈良をフィーチャーしていけるのかが楽しみです。

できれば、奈良県全域をカバーできる細かいご当地ネタも存分に入れて欲しいですなぁ…だって、奈良だって広いんだもの(泣)

 

いつもながらの駄文になりますが、面白い漫画に出会えたことに感謝です★